あーとの杜

秋保工芸の里(2)

akiukougei2

伝統工芸を現代に守り育み続ける創造の里「秋保工芸の里」では、職人たちが家族とともに暮らし、仕事場と居住を兼ねた工房で仕事をしております。伝統のスタイルに現代感覚を新たに取り入れ新時代の創作を行なう「玩愚庵こけし屋」、かつての仙台藩お抱え大工の家系であり、今も仙台箪笥を作り続ける「熊野洞」など、どれも個性的な職人揃い。古き良き伝統を守りながら続ける職人、そしてそこに新たな現代感覚を取り入れる職人・・・。伝統工芸の「今」がここにあります。

商品紹介

熊野洞

36cm×36cm×30cm

箪笥として実際使用可能な最小限の寸法を極めた大きさです。小箪笥ながら用途範囲の広いものです。

玩具庵こけし屋

TEL 022-398-2673

仙台系の伝統こけし(胞吉こけし)を中心とした木地玩具。黒と赤の2色だけの大胆描彩で清純さと渋さが持ち味。 現代の個性を取り入れた木地玩具も並行して製作。作者の“常に新しいもの”に向かう姿勢と優しさが、作品ひとつひとつの心あたたまる表情に浮かび上がります。

店舗案内

社名 秋保工芸の里
住所 仙台市太白区秋保町湯元字上原54
TEL 022-398-2958
FAX
URL
営業時間 9:00~17:00
休業日 無休(工房によって異なる定休日あり)
見学・体験 実習体験ができます(各工房にお電話にてお問い合わせください)
PR文 JR仙台駅から宮城交通バス秋保温泉行きで50分、秋保温泉湯元下車、車で3分

地図

ページの先頭へ戻る