あーとの杜

石川吉彦 安養寺窯

annjoujikama

幻の木の葉天目に魅了され、昭和五拾弐年に再現を目指し基礎から独学。
社会の進化に応える創作力を高め画期的感動を与える癒しの逸品が信条。
手間のかかる創作ばかりで生産性に欠けるが、 生き甲斐にしております。
作品のお問い合わせは 「しまぬき本店様 022-223-2370」 にお願いします。
民工芸・工芸品の専門店です。

工人紹介

石川吉彦

徹底究明が信条の器作り、時間を惜しまず風流で画期的な独創性を目指す。
1945年 神奈川県津久井郡生まれ ・ 本籍地東京都 ・ 小中高-沖縄県在籍 (旧)名古屋高等無線電信学校卒業 石川吉彦
尊敬する先輩工芸家・八重樫榮吉氏・広谷勝雄氏・宮崎忠志氏

平成16年 宮城県優良県産品推奨品認定
平成17年 全国観光土産品連盟推奨認定
平成20年 宮城県優秀技能章受賞
平成21年 宮城県卓越技能章受賞
平成19年 東北福祉大学情報福祉学科教材採用

商品紹介

屈曲の木の葉天目  宮城で生まれた平成の器

高さ4.5cm×幅15.5cm  今世紀の一点もの  価格相談に応じます。

平成20年・第二十回織部の心作陶展入選作 (審査委員長 人間国宝 鈴木藏氏) 木の葉を内側から裏側に曲げる無謀な発想を心に秘め、前人未踏の夢を達成。 他に河北工芸展、東北現代工芸美術展、沖展入選作等。尚、未発表作品在庫有り。

酒勾瓶(赤・黒あり)  宮城で生まれた平成の器

一合¥5,355- 二合:高15.5×幅10×奥5.5¥9,660-

にぎる手から滑り落ちない優れもの、他では見られない味わえない感動がある。 伊丹国際クラフト展、全国:酒の器展、全国:陶芸財団展、沖展、各入選。他入賞 全国商店街振興組合連合会理事長賞受賞 ・ 日本商工会議所会頭賞受賞・他有

舞酒器  宮城で生まれた平成の器

二合:高さ16.5cm×幅14cm×奥行き5.5cm ¥11,550-

平成20年・第二十六回 朝日現代クラフト展。 応募総数 ・ 788点入選入賞184点。 全く新しい現代感覚を取り入れ、風流で機能性重視の目標を八年目にて遂に完成。持つてびっくり楽しさも倍増、 乾杯の次は万歳したくなる不思議な気持になる器。

仙台加枝器  宮城で生まれた平成の器

¥630(一人皿)~¥4,200(りんごの写真は盛鉢)

果物や漬物などに楊枝を数本添えて出せる便利なもの。 使って始めて実感します。小皿、中皿、小鉢、中鉢、盛鉢種類も豊富。全国推奨観光土産品連盟認定。

織部向付  宮城で生まれた平成の器

高さ6cm×幅15cm×奥行き11.5cm ¥3,780

室町時代から桃山時代に流行した織部向付を青みの濃い調合釉、最近は作る方が少なく、北大路魯山人風で自分では気に入った作品です。

店舗案内

社名 安養寺窯
住所 仙台市宮城野区安養寺1-30-2
TEL 022-233-1007
FAX 022-233-1007
URL http://www.anyoji.net/
営業時間 10:00~15:00
休業日 不定休
見学・体験 地図を参照に まずご連絡下さい。
PR文 時代の進歩に適合する画期的なもの。
年齢差や身体差を考慮したものづくり。
万人が使っても楽しく、心の和むもの。

地図

ページの先頭へ戻る