あーとの杜

平賀こけし店

hiragakokeshi

作並こけしは江戸時代の末期、南條徳右衛門によって作り始められたといわれ、現在まで150年程の歴史があります。
形は全体的に細めで子供が手でにぎって遊べる程で、昔、こけしは子供のおもちゃだったという事をよく伝えています。
現在は大人の鑑賞用となり、安定を保つためにやや太めになっています。

工人紹介

平賀 輝幸

素朴な温泉地作並で誕生した作並こけしが これからも皆さまに愛されいつまでも作り継がれていく事を願っています

商品紹介

政宗・愛姫こけし

3寸 1組 ¥2,000-(税込)

2人仲良く並んだ政宗と愛姫こけし

作並こけし直胴

6寸 ¥1,300~(税込)

胴の模様は菊の花で、素朴で可憐さが身上のこけしです。

子守こけし

6寸 ¥2,500-(税込)

子供をおんぶしている子守こけし

ミニこけし

3寸~4寸 ¥1,200-(税込)

いろんなミニこけしがこれからも続々登場します。

サンタクロースこけし

約7cm ¥1,200-(税込)

子供たちに幸せをプレゼントしてくれる人気者のサンタクロースです。他にも数種のサンタがおります。

店舗案内

社名 平賀こけし店
住所 宮城県仙台市青葉区作並字元木13
TEL 022-395-2523
FAX 022-395-2523
URL http://www.h-kokeshi.net
営業時間 7:00~19:00
休業日 不定休
見学・体験 自由に見学できます
絵付け体験が出来ます(要予約)
PR文 150年程前の江戸の末期より作並温泉において作り継がれて来た作並こけし目がやさしく可愛らしい細身のこけし

地図

ページの先頭へ戻る