あーとの杜

仙台御筆 松泉堂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊達藩祖政宗公が仙台開府して数年後の慶長19年(1614年)大阪の名筆家小村又兵衛なる者を召抱え、製筆と共に筆師育成に努め政宗公が学問と勧業の両面から筆作りを奨励したこともあり連坊小路、三百人町を中心に栄え、特に宮城野萩を軸として作られる「萩筆」はその風雅な趣が愛好家に親しまれ、「仙台御筆」として名声を高め現在に至っています。

工人紹介

代表取締役社長 大友 伸一

筆屋に生まれ筆職人の祖父や父の傍らで育ち、職人の心を身近に感じながらお客様に筆をお届けしてまいりました。筆は「書く」道具でもありますが、魂を入れる道具とも言われています。そんな意味からも魂のある筆をご提供しなければと思っています。現在では筆はもちろんのこと、硯・墨・半紙・画仙紙・額・表装など書に関するすべての商品を取り扱って皆様のご来店をお待ちしております。

商品紹介

宮城野萩筆 中

筆鋒長 27mm × 筆鋒太 6mm 価格(税込)¥4,200-

伊達藩の狩場であった「宮城野」に群生してあった「萩」を軸に野趣の風情が当時の藩主に好まれ、近代になり復刻されました。筆穂は厳選された鼬毛と馬胴毛で繊細に仕上げました。温かみのある感触で優雅に手紙をしたためてみてはいかがでしょう。

宮城野萩筆 大

筆鋒長 30mm × 筆鋒太 6.5mm 価格(税込)¥5,250-

伊達藩の狩場であった「宮城野」に群生してあった「萩」を軸に野趣の風情が当時の藩主に好まれ、近代になり復活されました。筆穂には厳選された鼬毛と馬胴毛で繊細に仕上げました。温もりのある感触で文字やお便りをしたためてはいかがでしょう。

宮城野萩筆 中筆

筆鋒長 37mm × 筆鋒太 7mm 価格(税込)¥15,750-

伊達藩の狩場であった「宮城野」に群生してあった「萩」を軸に野趣の風情が当時の藩主に好まれ、近代になり復活されました。筆穂には厳選された鼬毛と馬胴毛で繊細に仕上げました。温もりのある感触で文字やお便りをしたためてはいかがでしょう。

臨書かな筆 五種セット

高野切第一種 用 (鼬毛小筆)

高野切第二種 用 (狸毛小筆) 関戸本古今集 用 (鼬毛小筆) 一条摂政 用   (鼬毛小筆) 中務集 用    (鼬毛小筆) 価格(税込)¥9,450- 歌集を臨書するための専用の筆です。筆先の鋭い鼬や弾力のある狸毛を使用しそれぞれの歌集用として仕上げました。

三色三雅 3本組 化粧箱

白猫毛/山帰来小枝 筆穂長:21mm 筆穂太:4.2mm

いたち毛/梅小枝 筆穂長:25mm 筆太:4.0mm 黒狸毛/黒竹 筆穂長:30mm 筆穂太:4.2mm 価格(税込)¥12,600- 歌集を臨書するための専用の筆です。筆先の鋭い鼬や弾力のある狸毛を使用しそれぞれの歌集用として仕上げました。

店舗案内

社名 仙台御筆 有限会社 松泉堂
住所 宮城県仙台市若林区三百人町157
TEL 022-293-2759
FAX 022-291-5726
URL http://www.fudeyano.com/
営業時間 9:00~18:00(土曜17:00閉店)
休業日 日曜日・祭日
見学・体験
PR文 バスでお越しの際は、仙台西口バスプール(6)乗場 若林区役所経由 三百人町下車(三百人町西の次) となっております。

地図

ページの先頭へ戻る