イベント

せんだい旅日和 > イベント > 仙台初売り

仙台初売り

仙台の初売り(初買い)は,伊達政宗公の父である輝宗公が伊達家正月御儀式の次第を書いた天正12年(1584)年の文書に既に「二日 かいそめにて町へ代物五十指越米塩アメオコシ米買い候」とあることから,伊達家が仙台に移る以前の米沢時代からの商習俗であり,非常に長い歴史と伝統を持つ行事です。
現在でも市内の各デパートをはじめ,各商店街・専門店などが,様々な趣向を凝らし,この伝統行事を受け継いでいるが,現在では豪華な景品付きの商品はもとより,福袋や福箱,割増し商品券などの人気が高いようです。
県内各地で初売りは行われますが,仙台市では1月2日で,人気の店では前日の夜から長蛇の列で,売り出しとともに品切れになることもあります。市内はもとより,県内,福島・山形からもたくさんの人が訪れる,正月ならではの賑やかな行事です。

場所・スポット

大きな地図で見る

開催場所例:宮城県仙台市青葉区のクリスロード ※その他各地で開催

※マップはおおよその場所を示しております