せんだい旅日和 > 城下町仙台の名残を訪ねる旅 > 仙台まち歩き Vol.1 荒町・南鍛冶町・三百人町

城下町仙台の名残を訪ねる旅

  • 城下町仙台の名残を訪ねる旅
  • 仙台まち歩き Vol.1  荒町・南鍛冶町・三百人町
  • 1.『荒町』活気ある下町に、老舗が深く根を下ろす(1)
  • 1.『荒町』活気ある下町に、老舗が深く根を下ろす(2)
  • 2.南鍛冶町・三百人町』城下町のものづくりを、いまに伝える職人さん(1)

仙台まち歩き Vol.1 荒町・南鍛冶町・三百人町

まちは、歴史のつまったギャラリー

伊達政宗公が、ここ仙台に城下町をつくって約400年。街並みはすっかり変わりましたが、城下町の名残をまだあちこちにとどめています。今回ご紹介する荒町(あらまち)、南鍛冶町(みなみかじまち)、三百人町(さんびゃくにんまち)もその一つ。これらの町は、政宗公が晩年に暮らした若林城の城下町としてつくられ、かつては奥州街道が通っていたこともあり大変にぎわいました。いまは下町情緒いっぱいのまちですが、伝統の技に精魂こめる職人さんや、しんと静まり返る寺院があり、温かく迎えてくれる商店があります。歴史のまちを、ぶらり散歩。ゆっくり歩けば、あなただけの発見があるはずです。

p_02

長く受け継がれてきた技をじっくりと見せてくれるまちかど博物館もあります。 仙台箪笥伝承館・門間箪笥店(もんまたんすてん)。

【仙台駅から地下鉄五橋駅までのアクセス】
地下鉄仙台駅から富沢行きに乗車して5分、五橋駅で下車

ページの先頭へ戻る