文学の街 仙台

温暖な気候に恵まれ、海にも山にもほど近い仙台市。土井晩翠や島崎藤村、魯迅といった文学者たちは、この仙台に暮らしながら、街中を流れる広瀬川、のどかな田園風景をどのように見ていたのでしょうか。東北の中心としての役割を担う仙台は、自然と都市の顔を合わせもち、いまもなお文学者たちの創作意欲をかきたてる「文学の街」です。そんな仙台で、作品の舞台やゆかりのある場所、文学者の資料を揃えた施設などをめぐる小さな旅を楽しんでみませんか。

物故者篇

物故者篇

物故者篇では、詩人の島崎藤村と土井晩翠をはじめとする、ゆかりの文学者に関わる場所を紹介します。

現代作家篇

現代作家篇

現代作家篇では主に小説の舞台となっている仙台の街を紹介します。

仙台文学館

仙台文学館

ここで紹介した作家たちの作品はもちろん、所蔵資料も充実しているミュージアム・仙台文学館。

仙台文学マップ(PDF)

ページの先頭へ戻る