アクセス

せんだい旅日和 > 特集 > サクラ気分に誘われて、春散歩

気持ちのいい風に誘われて春散歩

冬と春が行ったり来たりのこの季節、風の匂いがなんとなく変わったな、と思ったら、本格的な春の訪れもすぐそこです。

そこかしこに、ぽつぽつと咲き始める小さな梅の花。

そして、存在感をアピールするように花を咲かす桜。

気持ちのいい風に誘われて春散歩。仙台駅東口から薬師堂まで、のんびり歩いてみませんか?

仙台駅東口~宮城野通

春散歩のスタートは、再開発によって、歩きやすい歩道や商業施設などが整備され、ここ数年で様変わりしている仙台駅東口から。東北楽天イーグルスの本拠地・楽天koboスタジアム宮城まで一直線に続く道のほか、広瀬通~X橋から榴岡公園に向かう道も散歩にぴったり。春を肌で感じててくてく歩いてみよう。

仙台でも屈指の桜の名所・榴岡公園。仙台藩四代藩主・伊達綱村が京都から取り寄せた約1000本のシダレザクラを植えたのが始まりだとか。平成元年には日本の都市公園100選にも選ばれ、休日には様々なイベントが開かれ、思い思いに楽しむ市民の憩いの場となっている、気持ちのいい公園です。

榴岡公園の一角にある仙台市歴史民俗資料館は、元々、旧陸軍歩兵第四連隊兵舎の一棟を移築したもの。仙台を中心とした、明治以降の生活・民族資料が展示されている常設展に加え、定期的に企画展が開かれています。懐かしくも新しい仙台の暮らしに、ひとときのタイムトリップを楽しんでください。

宮城野原運動公園内にある楽天イーグルスの本拠地。略称は「Kスタ宮城」です。試合の日ともなると、仙台駅東口から球場に向かう宮城野通は楽天イーグルスファンがずらり。スタジアムの外周では飲食ブースやイベントも多く開かれているので、ピクニック気分で楽しむのいいですね。

Kスタ宮城から木ノ下方面へ向かい、陸奥国分寺 薬師堂へ。平日は、長い時を今も刻み続けるような静かな佇まいですが、休日や花見の時期は多くの人で賑わいます。鐘楼の周りには礎石が残っていて、奈良の東大寺と同じぐらいの規模と推定される当時の大きさを伺い知ることができます。

ページの先頭へ戻る