せんだい旅日和 > 特集 > 1日で回る市内コース

詩人武田こうじが歩く、文学の街・仙台。

  • 詩人武田こうじが歩く、文学の街・仙台。
  • 物故者篇
  • 現代作家篇
  • 仙台文学館の紹介
  • 1日で回る市内コース

1日で回る市内コース

仙台文学館学芸員の赤間亜生さんが提案してくれたモデルコース

A. 物故者篇

文学者たちゆかりの場所を1日でまわるコース。文学碑やかつて暮らした住居、関係する資料を展示紹介している施設などをまわり、最後に、文学資料を常設展示し、関係資料を閲覧できる仙台文学館を訪れるコース。文学館をコースの最後に組んでいるが、最初、あるいは途中に組むことも可能。

B. 現代作家篇

仙台ゆかりの作家が活躍する現在、文学作品にも仙台の街、あるいは仙台をイメージさせる街が描かれるようになりました。市民に愛される代表的な名所「広瀬川」や昔から知られている老舗の名店など誰もが知っている場所から、街に暮らす住民でも知らなかった意外な場所まで、「杜の都仙台」の様々な顔を発見するコース。

ページの先頭へ戻る