見どころ

秋保大滝不動尊

 正式には「滝本山西光寺」といい、山形県山寺の立石寺の奥の院とされています。貞観年間、慈覚大師円仁が東北巡錫の折、堂のすぐ側に落ちる秋保大滝で100日間の荒修行をしたのち、立石寺を開山したと伝えられています。不動尊は青銅製坐像で、高さ3.3メートル、胴まわり5.1メートル、膝まわり7.2メートル、火焔の高さ5メートルの巨像です。
 不動尊を建立した知足上人は、不動尊の完成を見た後、文政11(1828)年に諸人の大願成就を祈って滝に飛び込みました。以来、願望成就の尊像として、多くの信者からあがめられています。堂のすぐ裏手に、国の名勝に指定されている秋保大滝があります。

 不動尊は江戸時代堂宇を再興した知足上人の時に鋳造されたものだといわれています。
【住所】 〒982-0244 仙台市太白区秋保町馬場字大滝11
【アクセス】 JR仙台駅西口バスプール8番乗り場から秋保大滝行き、終点下車、すぐ
【電話番号】 022-399-2127
続きを読む
見学等料金 [交通費の目安]JR仙台駅から仙台市営バスで1,070円
見学時間の目安
営業時間
休業日 4月~11月
駐車場
普通自動車:あり(無料)
大型自動車:あり(無料)
無料・100台(大型バス5~6台駐車可能)
飲食施設
売店
バリアフリー

ページの先頭へ戻る

メニュー

閉じる