せんだい旅日和 特集

世界記憶遺産登録決定!

支倉常長が大使を務めた慶長遣欧使節が日本を出発して、2013年でちょうど400年となりました。
これを記念して、皇太子さまが「日本スペイン交流400周年」事業の名誉総裁に就任されるのをはじめ、仙台・宮城でも、この歴史的な年にちなんでイベントが目白押しです。

日本・スペイン両国政府により共同推薦されてた、支倉常長ら慶長遣欧使節に関わる資料が、同年6月19日にユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。

そのうち日本から推薦された国宝「慶長遣欧使節関係資料」の実物を、仙台市博物館で間近にご覧いただけます。また各地では記念イベントが開催される予定です。

謎多き人物・支倉常長の偉業と彼が持ち帰ったさまざまな宝に出会い、慶長遣欧使節にちなんだ世界史の旅に出かけてみませんか?

ユネスコが主催する三大遺産事業のひとつ。
歴史的記録遺産を保全し、一般に広く公開することを目的としています。
Memory of the World

これまで、フランスの「人権宣言」やオランダの「アンネの日記」など、 人類が長い間記憶して後世に伝える価値のある資料が登録されています。



マップ表面ダウンロード(PDF)


マップ裏面ダウンロード(PDF)

ページの先頭へ戻る