親子で満足「仙台での夏休み」の過ごし方

お出かけしたいけど、暑さや日差しは苦手という人は、ミュージアムめぐりがおすすめ。仙台ならではの自然科学や歴史、食にまつわる施設でゆったり鑑賞を楽しみましょう。夏休みの自由研究の参考にも!
9:00

「スリーエム仙台市科学館」のチャレンジ・ラボで科学を身近に感じよう!

自然科学について学べる科学館で親子連れにおすすめしたいのが3階生活系展示室のチャレンジ・ラボ。毎日10:30~11:30、14:00~15:00の1日2回、身近にあるものを使い、大人も子どもも楽しめる実験や工作を体験できます。パスカルの原理を応用したペットボトルの工作や空飛ぶ種・アルソミトラの模型作りなど、曜日や季節によってさまざまなメニューを楽しむことができます。8月27日(日)までは自由研究のヒントを紹介する小企画展「自由研究 How to展」も開催中。暮らしの中にある科学や自然界のしくみを体感する展示がいっぱいの科学館で、好奇心の種を育ててください。

ほかにもこんな見どころが

大型肉食恐竜 アロサウルスの全身骨格標本や古象の模型は迫力満点!その大きさに子どもたちは大喜び
3階生活系展示室には科学を楽しく学べるヒントがいっぱい!
チャレンジ・ラボの夏のメニューのひとつ、「水中シャボン玉」。空気中ではなく、水中にシャボン玉を作る実験

平成29年8月20日(日)まで特別展「科学捜査展」を開催。指紋や髪の毛、足跡などの鑑定方法や事故や火災の調査法などを紹介。刑事ドラマでよく見る、さまざまな科学捜査に注目!
車で約40分
13:00

「かまぼこの国 笹かま館」でふれる宮城の食と文化

仙台の名産品・お土産の代名詞といえば笹かまぼこ。昭和22年創業の老舗『鐘崎』が運営する「かまぼこの国 笹かま館」は、笹かまぼこについて、おいしく楽しく学ぶことができる施設です。10時30分からと、14時30分からの1日2回行われる工場見学(要予約・無料)では、製造工程はもちろん、食の安全・安心への取り組み紹介や原料となるキチジやスケトウダラなどの魚をイラストで投影する「かねざき水族館」、クイズ、出来立ての笹かまぼこ試食などお楽しみがいっぱい!このほか、笹かまの手作り体験教室(要予約・有料)や手焼き体験(有料)を楽しむこともできます。隣接する「七夕ミュージアム」では、『鐘崎』が製作した革新的な七夕飾りや動く仕掛け七夕、藩政時代から現在までの七夕飾りの変遷を展示。一年中仙台の夏の風物詩を感じることができます。

ほかにもこんな見どころが

海の中にいるような気分が味わえる工場見学ツアーの中の「かねざき水族館」。
タイミングが良ければ熟練の職人が一枚一枚手焼きする様子を見ることができます。
従来の七夕飾りのイメージを覆す、斬新なデザインの七夕飾りは必見です!
車で約25分
16:00

「青葉城資料館」でよみがえる、伊達政宗公が築いた絢爛な仙台城

今から400年以上前に仙台藩祖・伊達政宗公によって造営された仙台城。仙台市街を見下ろす青葉山にあった本丸は現存しませんが、豊臣秀吉が築いた京都の聚楽第を手本とした大広間はじめ、桃山建築の粋を尽くした豪華な城の姿を資料館のCGシアターで見ることができます。城内を歩いているような気分が味わえる精密なグラフィックスは迫力満点。政宗公が威信をかけて築城した、在りし日の城の姿を肌で感じられるはず。ほかにも常設のパネル展示や模型、政宗公の書状や刀剣などの実物展示で仙台城や伊達家についてじっくり学ぶことができます。今年は政宗公生誕450年のメモリアルな年。資料館を見学した後は城跡を散策して、仙台の礎を築いた政宗公に思いを馳せてみませんか?

ほかにもこんな見どころが

高精細フルハイビジョンCGでよみがえる、本丸の建物群に圧倒されます。
伊達稙宗・晴宗の文書や宇和島伊達家の婚礼調度品なども展示されています。
仙台藩と他藩の具足の違いに注目!胴が黒漆塗りの5枚の鉄板で構成されています。

※記載の到着時刻及び所要時間は目安です。滞在時間、交通事情により変わります。

ページの先頭へ戻る