日本の国内各都市と結ばれている仙台は、交通アクセスのよさがセールスポイントです。東京から東北新幹線で約100分という便の良さ、様々な交通の起点としての役割を果たしています。旅の出発はここから始まります。

貞能堂、新本堂、五重搭等がある。天皇塚(連理の欅)は、縁結びの神木で、展示室「玉手箱」、茶室「やすらぎ」(料金:300円)なども併設されています。

「美女づくりの湯」として多くの方から親しまれている名湯。ナトリウムを多く含み、高血圧症などに良い。浴用で動脈硬化や外傷、慢性関節炎などに良いとされる。

作並温泉の帰り道、広瀬川の上流に降りてみると、大小さまざまの滝が姿を現し、一つ一つが個性豊かな水音の調べを奏でているのに出会うでことができます

仙台のまちを育んできた広瀬川。ニッカウヰスキー仙台工場は、この川の上流─清流が流れ冷涼な空気の満ちた場所にあります。工場内の見学は随時受付。希望者の人数がまとまると、ウイスキーづくりの説明が始まります。見学は60分。

最後に駅に着いたら、駅前には充実した飲食店や、ショッピング施設がありますので、立ち寄って仙台名物の「牛たん」や「笹かま」など味わってみましょう。

ページの先頭へ戻る