ほっこり秋保温泉の旅

せんだい旅日和 > ほっこり作並温泉の旅

ほっこり秋保温泉の旅

温泉の歴史

721年に僧・行基が奥州の地を旅していた時、仏法僧の鳴き声に誘われて深い森の斜面を降り立ち広瀬川の川底に湧く湯を発見し、これを仏の導きとしてその効能と湯浴みの仕方を広く人々に教えたとされる。また1189年文治の役にて、平泉の藤原氏討伐の源頼朝の軍勢が作並で兵馬を休めた。頼朝が小鳥に矢を放ちそれを追って深い渓流へと降り立つと、湯煙を上げて沸き立つ泉があり、渓流で湯浴みする鷹を見つけた。それを見た頼朝は自らも湯に入り、旅の疲れを癒したという。室町時代に作並に移り住んだ岩松対馬尉藤原信寿から11代目にあたる寿隆(喜惣治)が、埋もれていた湯を開いた。その後作並温泉は1796年に藩主伊達斉村公から許可を得て、その後の温泉街の礎を築いたとされ、「美女づくりの湯」として今も多くの方から親しまれている名湯。

>>作並温泉宿泊一覧

温泉の効能

単純温泉

無色透明、無味無臭の温泉。泉温が25℃であっても、含有成分がどれも規定量に達していない温泉の総称。刺激が少なく、効能も様々。「名湯」といわれる温泉が多い。

◎主な効能
疲労回復・神経痛・動脈硬化・高血圧など
含食塩芒硝泉

ナトリウムを多く含み、高血圧症などに良い。浴用で動脈硬化や外傷、慢性関節炎などに良いとされる。

◎主な効能
神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病・高血圧ほか

作並の観光名所

鳳鳴四十八滝

鳳鳴四十八滝

作並温泉の帰り道、広瀬川の上流に降りてみると、大小さまざまの滝が姿を現し、一つ一つが個性豊かな水音の調べを奏でているのに出会うことができます。

詳細を見る

ニッカウヰスキー工場

ニッカウヰスキー工場

仙台のまちを育んできた広瀬川。ニッカウヰスキー仙台工場は、この川の上流─清流が流れ冷涼な空気の満ちる作並にあります。

詳細を見る

定義

定義

定義の里は、あなたの心のふるさと 来てホッとする定義の里へあなたもござらいん!

詳細を見る

新川・奥新川ライン

新川・奥新川ライン

ニッカウヰスキー工場から仙山線奥新川駅までを「新川ライン」といいます。

詳細を見る

作並湯の駅 Lasanta

作並湯の駅 Lasanta

2008年10月19日、作並温泉にオープンした観光交流施設。

詳細を見る

宿泊一覧

宿泊一覧

作並地区の宿泊施設をご紹介いたします。

詳細を見る

日帰り入浴

日帰り入浴

作並地区にある温泉をご紹介。週末にぶらりと温泉に行って湯ったりしてみませんか。

詳細を見る


作並温泉郷ノルディックウォーキングコースマップ
マップダウンロード(PDF)


ごはんマップ表面ダウンロード(PDF)


ごはんマップ裏面ダウンロード(PDF)


ページの先頭へ戻る