仙台市観光ボランティアガイドネットワーク

トップページ宮町・東照宮歴史と文化財ガイドボランティア

宮町・東照宮歴史と文化財ガイドボランティア

小林 眞勝(代表)【設立:平成12年11月11日】
〒981-3117 仙台市泉区市名坂字野蔵50-54
022-372-7633
022-372-7633
kobamasa.821@ae.auone-net.jp

登録ガイド数 3名
案内方法 徒歩が原則。
案内言語 -
ガイド料金 1,000円/2時間
定員 1団体10名程度
申し込み方法 表記の連絡先へ
予約期限 最低でも1週間前
受付時間 FAX・Eメールなら随時
特色 仙台東照宮は全国の諸藩より先んじて徳川3代将軍家光から建造の許可を受けたものです。当時は全国に東照宮は500余りを数えたが、現在では数少なく、江戸時代の面影を残す貴重な遺産です。参道の石段にも工夫が凝らしてあり、参拝客に喜ばれています。

宮町・東照宮

宮町・東照宮は仙台市の東部に位置しています。明暦3年(1654年)3月に仙台東照宮が完成し宮町が形成されました。
東照宮に入ると重量感のある鳥居があります。
この鳥居は伊達家二代忠宗公の正室振姫の実家池田輝政公より贈られたものです。
鳥居の外に石灯篭、手水舎の水盤があります。東照宮の別当寺である仙岳院には浄圓坊が羽黒山へ一生の間往復すること238回を記念した碑があります。
宮町は門前町として栄え、その名残を留めています。