見どころ

大崎八幡宮 [国宝]

 昭和27年国宝指定。慶長12(1607)年、伊達政宗公によって創建されました。
 権現造(石の間造)の典型で、本殿・石の間・拝殿が一体となっています。入母屋造(いりもやづくり)、こけら葺で、正面に千鳥破風を付け、向拝(こうはい)には見事な軒唐破風(のきからはふ)を付けています。石の間の格天井(ごうてんじょう)には、多数の草花や薬草が描かれています。内外とも漆塗(うるしぬり)・胡粉(ごふん)下地に彩色を施し、彫刻・金具に飾られ、絢爛たる雰囲気を表しています。桃山建築の傑作です。長床が国の重要文化財に、石鳥居が県の重要文化財に指定されています。1月14日の「松焚祭(どんと祭)」(仙台市指定無形民俗文化財)では、松飾りや古いお札を焚き上げて新年の無病息災・商売繁盛を願うが、この時行われる「裸まいり」は全国的に有名です。また、毎年9月14・15日には例大祭が行われ、9月14日夕刻には能神楽(県指定無形民俗文化財)が、9月15日には大神輿が近隣町内を練り歩き、流鏑馬神事(やぶさめしんじ)が境内で行われます。

平成16年秋、約5年にわたる社殿の保存修理工事が完工。創建当時の秀麗な威容が甦りました。

住所

〒980-0871 仙台市青葉区八幡4-6-1

アクセス

JR仙台駅西口バスプール10・15番乗り場から折立・作並、国見ヶ丘、南吉成行き、大崎八幡宮前下車

電話番号

022-234-3606

URL

http://www.okos.co.jp/oosaki/

見学等料金

[交通費の目安]JR仙台駅から仙台市営バスで220円

休業日

駐車場

普通自動車:あり(無料)
大型自動車:あり(無料)
[普通車]無料・40台(大型バス駐車可能)

ページの先頭へ戻る