せんだい旅日和 特集

仙台市内をはじめ宮城県内の各地に、支倉常長ゆかりの場所があります。
支倉常長ゆかりの地をめぐるバスツアーやレンタカーの特別料金プランも用意されています。
仙台・宮城の名所を訪ねながら支倉常長の足跡をたどってみませんか?

支倉常長 探訪ツアーマップ

慶長使節出帆400年"支倉常長"を巡るバスツアー

ツアーのポイント

  • ・慶長遣欧使節400年およびユネスコ世界記憶遺産登録を記念して支倉常長にスポットをあてて
     足跡を巡るバスツアーです。
  • ・ツアー参加者のみ博物館学芸員の案内が付きます。
  • ・仙台駅よりボランティアガイドが乗車し、バス車内にて説明をいたします。
      ※船体補修期間中及び荒天等の場合には、乗船見学ができませんのでご了承ください。

  • ■出発日:平成26年4月10日(木)・5月8日(木)・6月5日(木)
  • ■定員:各出発日40名(最小催行人員20名)※1名様より申込可能
  • ■参加費:6,500円(大人お一人様)
  • ■旅行企画・実施(申し込み):
     仙台バスツアーズ株式会社
     (宮城県知事登録施行業第2-97号 一般社団法人全国旅行業協会正会員)
     〒989-2422岩沼市空港南4丁目1-7
     TEL:0223-23-6571

仙台市内の常長を訪ねる旅

慶長遣欧使節400年特別企画レンタカーで巡る支倉常長の探訪プラン

トヨタレンタリース宮城では、「慶長遣欧使節ゆかりの地」をめぐるレンタカープランを県内全17店舗で実施中です。お客様はレンタカーが割安でご利用いただけけるほか、秋保・作並温泉でのご宿泊や指定施設で特典を受けることができます。

詳しくはホームページよりご覧ください。
http://www.trl-miyagi.co.jp/campaign/hasekuraplan.htm


【問い合わせ先】
 株式会社 トヨタレンタリース宮城
 レンタル本部 木村
 TEL:022-283-0100
 Mail:akira_kimura@tr-miyagi.jp

トピックス

■この他の支倉常長関連イベント

常長が日本を発った10月28日の週には、仙台市博物館で慶長遣欧使節出帆400年記念特別イベントが開催されます。
また、12月には、支倉常長を主人公とするオペラ「遠い帆」が上演されます。
また、川崎町では「支倉常長まつり」(2013年6月2日)、石巻市では「サン・ファン祭り」(2013年5月25日・26日)その他、大郷町や塩竈市でも記念イベントが実施されます。

慶長遣欧使節 出帆400年記念
オペラ「遠い帆」2013年仙台公演について

1613年に支倉常長ら慶長遣欧使節が伊達政宗公の命を受け、「世界」に向けて船出してから400年となる2013年、仙台市委嘱(三善晃作曲・高橋睦郎脚本)により制作されたオペラ「遠い帆」を新演出で仙台において再演します。
再演にあたっては、日本屈指のスタッフ・キャストと、仙台の音楽・演劇界を担う人材をが集まり、新しい舞台作品の創造に挑みます。

1.オペラ「遠い帆」とは
平成2年、作曲家山田耕筰が哲学者阿部次郎宛に、支倉常長を題材にしたオペラの構想を記した手紙を送っていたとの報道をきっかけに、仙台市が支倉常長を主人公としたオペラの制作に着手。同年三善晃氏に作曲を、翌年高橋睦郎氏に脚本を委嘱し、平成11年3月、4月に仙台(青年文化センターで4公演)、東京(世田谷パブリックシアターで3公演)で初演。翌年夏には仙台(宮城県民会館で2公演)、東京(東京文化会館で2公演)で再演しています。
初演では第8回三菱信託音楽賞を受賞。また、三善晃氏が第31回サントリー音楽賞を受賞しています。平成14年には「和製オペラの代表作のひとつ」として、神奈川県民ホール制作により別演出で上演されました。
2.上演計画の概要
  • ○公演名/オペラ「遠い帆」2013年公演
  • ○作品/作曲:三善晃、脚本:高橋睦郎(原作/小沢書店刊・高橋睦郎作「遠い帆」)
  • ○期日/平成25年(2013年)12月7日・8日(土・日)
  • ○会場/東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
  • ○主催/仙台市、公益財団法人仙台市市民文化事業団
3.主要スタッフ・出演者
  • ○総監督:宮田慶子(新国立劇場芸術監督) 
  • ○指揮:佐藤正浩 
  • ○演出:岩田達宗 
  • ○ソリスト:支倉六右衛門常長=小森輝彦、ルイス・ソテロ=小山陽二郎
          影=平野雅世、徳川家康=井上雅人、伊達政宗=金沢平
  • ○美術:島次郎 
  • ○照明:沢田祐二 
  • ○舞台監督:菅原多敢弘 
  • ○合唱指揮:今井邦男 
  • ○合唱指導:石川浩、佐藤淳一、千葉敏行
  • ○副指揮:スティーブン・シャレット、辻博之
  • ○コレペティトール:服部容子、矢田信子
  • ○合唱:オペラ「遠い帆」合唱団
  • ○児童合唱:NHK仙台少年少女合唱隊(総監督=大泉勉)
  • ○管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団

サン・ファン・フェスティバル

 2013年11月3日(日)〜4日(月・祝)
 開催場所:サンファン館
 関連URL:http://www.santjuan.or.jp/
 お問い合わせ:公益財団法人 慶長遣欧使節船協会
 TEL:0225-24-2210

関口照生写真展「支倉の道」写真集も出版予定

日本スペイン交流400周年親善大使を務める、写真家関口照生氏が支倉常長の足跡を撮影取材。400年の時を超えた支倉の道…。独自の完成で心象風景としてとらえた作品を展示いたします。

●2013年10月4日(金)〜11月17日(日)仙台市博物館
●2013年11月3日(日)〜12月25日(水)サン・ファン館
お問い合わせ:仙台博物館  TEL:022-225-3074
お問い合わせ:サンファン館  TEL:0225-24-2210

※その他、様々な企画の詳細は「慶長使節出帆400年観光情報特集ホームページ」をご覧ください。

■宮城県の記念硬貨にサン・ファン号

財務省が「地方自治法施行60週年」を記念して発行する記念硬貨です。
宮城県の千円硬貨は、伊達政宗公と慶長遣欧使節船サン・ファン・バウティスタ号をデザインし10万枚が発行されます。
※現在、申込受付は終了しています。

■ボランティア団体「支倉常長の足跡をたどる会」

今も宮城県民の大切な精神的支柱である支倉常長。その偉業を広く伝え後世に語り継ぐボランティア団体の一つに「支倉常長の足跡をたどる会」があります。

ボランティアガイドの任意団体「支倉常長の足跡をたどる会」では、2015年10月にローマ・スペインの訪問を予定するなど、慶長遣欧使節出帆400年に向けて様々な企画の準備を進めています。

「支倉常長の足跡をたどる会」
 会長 小坂 仁
 連絡先:事務局長 阿部 次男
 TEL:022-242-5758
 Mail:t_abe_volunteer@yahoo.co.jp

他の町の情報

大郷町

支倉常長メモリアルパーク
常長のお墓や銅像を見ることができる公園。
道の駅向かいの公園
サンファンバウティスタ号の遊具があります。

川崎町

円福寺
マリア観音像が安置されており、墓地内には支倉常長のお墓があります。
支倉常長まつり
川崎町役場前広場にて、遣欧使節一行のパレードや郷土芸能が演じられます。
お問い合わせ:産業振興課 商工観光係
電話:0224-84-2111(代表)
内線:1180
E-mail:kawa-san@town.kawasaki.miyagi.jp
住所:宮城県柴田郡川崎町大字前川字裏丁175-1

石巻市

宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
高台のサン・ファンパークから、サン・ファン・バウティスタ号の復元船を眺めることができます。(サン・ファン館は休館中)

■ゴールデンウィーク特別開館(展望棟)
 2013年4月27日~5月6日
 ※入場無料 

サン・ファン祭り
サン・ファンパークを会場に、コンサートや出店、郷土芸能など様々な催しものが楽しめます。(開催期間:2013年5月25,26日)

ページの先頭へ戻る