復興に向けて

Towards reconstruction

防災+観光

2011年3月11日に発生した東日本大震災では死者2万におよぶ尊い命が犠牲となりました。東北の各地域では、今後起こる可能性がある災害にそなえるため、過去の災害経験を次の世代や全世界に伝えるべく、防災学習の取組みを積極的に実施しています。 防災学習は、災害の恐ろしさを伝えるだけでなく、過去の災害経験から培ってきた災害への対応や対策、復旧技術、防災のための最先端の技術開発や単なる復元にとどまらない創造的復興に向けたまちづくりを学ぶことができます。併せて、周辺の観光の魅力を知ることで、地域の豊かな自然、歴史、産業への理解が深まり、防災学習をよりわかりやすく効果的なものにします。

[防災]+[観光]を体験することで、災害に対する経験や知識、考え方を深めることができ、どのような災害が起こっても臨機応変に対応できる人材を育成できると考えております。防災+観光BOSAI Tourismの公式ページでは、防災観光プログラムを紹介すると共に、実際に参加した方々の体験レポートや、360度パノラマ画像で被災当時を疑似体験ができるとともに、現在の状況と合わせてみることで、震災から復興状況を感じることができます。

防災+観光

語り部タクシー

NPO法人宮城復興支援センターの講習を受けたドライバーが、東日本大震災の爪痕が残る場所へご案内し、当時の被害や状況を説明いたします。
震災を風化させず、後世に語り継ぎ、同じような被害を出さないために、「語り部ドライバー」が強い責任感を持って被災地をご案内いたしますので、ぜひ被災地の現状をご自身の目でご覧になってください。

「語り部タクシー」についてのお問い合わせ
宮城県タクシー協会電話番号022-288-1113
「語り部タクシーのご利用が可能なタクシー会社」へお電話ください。
https://taxi-miyagi.com/storyteller/