見どころ

せんだい旅日和 > 見どころ > 晩翠草堂(ばんすいそうどう)[土井晩翠旧宅]

晩翠草堂(ばんすいそうどう)[土井晩翠旧宅]

 詩人、英文学者として有名な土井晩翠の旧邸跡。晩翠は第二高等学校(現在の東北大学教養学部)教授を退官して、晩年までここで過ごしました。青葉通に面した入口には、「天地有情」と刻まれた自然石が立っています。
 土井晩翠は、明治4(1871)年仙台市北鍛冶町に生まれ、本名を土井林吉(つちい・りんきち)といいます。
 昭和24年初めての仙台市名誉市民に、また昭和25年に詩人として初めて文化勲章を受け、昭和27(1952)年、82歳で死去しました。


■詩人、英文学者として有名な土井晩翠の旧邸跡です。
■28歳の時、作詞した「荒城の月」は不朽の名作として知られています。
■生前の居宅の有様をそのまま残し、彼の愛用品なども展示されています。
【住所】 仙台市青葉区大町1-2-2
【アクセス】 地下鉄:東西線「青葉通一番町」駅下車徒歩5分/バス:仙台駅西口バスプール11番、15-2番のりば「晩翠草堂前」下車徒歩3分、16番のりば るーぷる仙台「晩翠草堂前」下車すぐ
【電話番号】 022-224-3548
続きを読む
見学等料金 なし
[交通費の目安]JR仙台駅から仙台市営バスで100円(るーぷる仙台別料金)
見学時間の目安
営業時間 午前9時~午後5時(休館日 月曜日、年末年始)
休業日
駐車場
普通自動車:なし
大型自動車:なし
飲食施設
売店
バリアフリー

ページの先頭へ戻る