観光スポット

Sightseeing Locations

磊々峡らいらいきょう

磊々峡.

名取川に浸食された巨岩奇石が覆いかぶさるように迫る美しい峡谷です。「八間巌(はちけんいわ)」「時雨滝(しぐれたき)」「天斧巌(てんおのいわ)」など見所もたくさんあります。「磊」とは石がごろごろしているさまで、昭和6年に夏目漱石の門下人で東北大学名誉教授の小宮豊隆氏により「磊々峡」と命名されました。

住所 〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
電話番号 022-398-2323
アクセス 宮城交通 JR仙台駅西口バスプール8番乗り場 秋保温泉行「のぞき橋」下車
市営バス JR愛子駅2番乗り場 秋保温泉・二口方面線「磊々峡入口」下車
見学時間の目安 秋保・里センターから「天斧巌」まで約20分
駐車場 普通自動車:秋保・里センター約25台
大型自動車:秋保・里センター要予約
飲食施設 周辺施設として 秋保・里センター、秋保ワイナリー、ガラス工房 元、のぞき橋パーク 等あり
喫煙スペース なし

磊々峡のその他の写真

名取川に削り取られてできた景色は圧巻
名取川に削り取られてできた景色は圧巻
巨岩奇石が独特の峡谷美を作り出す
巨岩奇石が独特の峡谷美を作り出す
恋人の聖地に認定されたハート♡のくぼみ
恋人の聖地に認定されたハート♡のくぼみ

磊々峡の楽しみ方

HOW TO ENJOY
のぞき橋のたもとから東側へ延びる遊歩道は約650mあり、独特の渓谷美を間近に感じられます。また、橋のたもとにハート形のくぼみがあり、恋人の聖地に認定されています。

このページを見た人はこんなページを見ています

このページのジャンル

関連スポット